FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

今月のふしぎかん

2012/02/14

6日は「ふしぎかん」でした。
今月のテーマは『わらべうたで はる なつ あき ふゆ』

くらすばワークショップの中で「わらべうた」はいつも身近にあって、とても大切な存在です。
「わらべうた」の持つ本当の意味や、先人達の知恵が詰まっている事を、以前掛谷久美子さんの「遠野のわらべうた」の講演の中で学びました。
子供時代に、「わらべうた」の精神が染み込むほど遊ぶことが大切という事も。

改めて、「わらべうた」の大切さを考え、
今年も園児みんなとたっぷり遊びました

私達の住む日本には「四季」があり、季節ごとの味わいがあります。
そこで「わらべうたで四季を感じる」をテーマに、遊んでみました。

春は「たけのこ めだした」
IMG_0092.jpg IMG_0094.jpg
教育テレビでもやっていたからか、みんな大きな声で歌っていたのにビックリ
最後にじゃんけんをするんですが、「勝った~!」とか「負けた…」とか大騒ぎ!
知ってる歌は反応も良いですね~

夏は「ふゆべまあ」
IMG_0105.jpg IMG_0107.jpg IMG_0106.jpg
これは沖縄のわらべうただそうです。
円になって2人組になり手を合わせ、沖縄独特の調べにのって遊びます。
カニになるところが可愛い

秋は「山のしばぐり」
IMG_0114.jpg IMG_0117.jpg
これはいつも大人気!
スカーフを栗に、大きい布をお鍋に見立てて、栗を煮るんですが、
途中で布を前後に振ってスカーフが舞い上がると、子供達も大喜びでテンションマックスです

冬は「あわもちねれねれ」
IMG_0133.jpg IMG_0134.jpg
二人一組になって、手を杵に見立てて、ペッタンペッタンとお餅つきをします。
最後に「美味しいね~」と言ってお餅を食べるしぐさが可愛かったなぁ~

園児達も私達もとても楽しかったのですが、
短い時間の中に4つも「わらべうた」をしたので、ちょっと大急ぎになってしまったかな、と反省
ついついたくさん教えていろいろと遊びたくなってしまいますが、
数を絞って、1つ1つを大切に遊ぶ事も大事だと気付きました。

最後に実験タイム。
今回は段ボールで空気砲を作ってきました。
IMG_0143.jpg
大きな布に向かって「ポンッ」っと段ボールを叩くと、しばらくして布が「ユラッ」と動くんですが…。
動きもほんの少しなので、初めは園児達も「???」と不思議顔

IMG_0150.jpg IMG_0151.jpg
園児達の顔に向けてやってみたら、何にもない段ボールから風が出てくる不思議さを体感して、
みんな大喜び
やっぱり実体験に勝るものはないんだな~と実感

今日のふしぎかんも無事終了しました

スポンサーサイト



12:49 ワークショップ | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示