FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

タテル・キッズクラス第三回

2014/02/12
ようこそ!~「建築」を楽しく考えるワークショップ~
くらすば タテル・キッズクラス 
第3回 2013年12月1日/2日  


はかる
~ちょうどいい、は、きもちいい~

プログラム
(変更する場合があります)

家(いえ)は、人(ひと)に合わせて(あ)作(つく)られています(あたりまえ!?)
そのために大事(だいじ)なのが「はかる」ということ。
設計(せっけい)するときも、建(た)てる時(とき)も、広(ひろ)さ(はば・おくゆき)、
高(たか)さ、水平(すいへい)、垂直(すいちょく)を「はかる」のがとっても大事(だいじ)です。
ケンチクする人は、はかってばっかり、いるんだよ^^。

導入:ちょうどいいサイズは気持ち(きもち)いい!

区民(くみん)会館(かいかん)のスリッパは大人用(おとなよう)。大きすぎるよね…
小さなスリッパつくっちゃおう♪

絵本『ル・コルビュジェ 建築家(けんちくか)の仕事(しごと)』
作 フランシーヌ・ブッシェ ミッシェル・コーアン 絵 ミッシェル・ラビ 
訳小野塚昭三郎 すえもりブックス

ワーク1 はかろう!
●手ではかろう
人差(ひとさ)し指(ゆび)と親指(おやゆび)をひろげたときの長さが「あた」。
「あた」の二倍(にばい)が「尺(しゃく)」。尺取り虫(しゃくとりむし)の動き(うごき)を練習(れんしゅう)したら、
①手を広げた時の端(はし)から端(はし)までをはかってみよう 
②身長(しんちょう)をはかってみよう (①と②をくらべてどう?)
③部屋(へや)の何(なに)かをはかってみよう(足でもはかれるんだよ。) 

ワーク2 「自分サイズ」の「ドア」と「いす」!
模造紙(もぞうし)を自分(じぶん)サイズのドアと考(かんが)えてね。横(よこ)たわる形(かたち)で…
①腕(うで)を曲(ま)げた高さでドアノブをかく。
②ひざ下でいすの座面(ざめん)(すわるとこ)をかき、脚(あし)と背(せ)もたれもかく。

●ものさしやメジャー(巻尺(まきじゃく))ではかろう
①の、ドアノブの高さ
②の、ひざから下の高さ(いすの高さ)
③「あた」の長さ
☆座布団を椅子の高さまで重ねてふろしきでくるんでみよう☆
ふりかえり
スポンサーサイト



17:02 ワークショップ | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示